年間植栽管理事例。工場内敷地のケヤキ・クス・ヤマモモ強剪定(大阪府枚方市)

2013/06/26

施工画像
作業前
施工画像
作業後
施工画像
剪定後

費用

73,500円(税込)

基本情報

種別
地域
大阪府枚方市

ご依頼のきっかけ

今回は、法人様(工場)の植栽管理の事例です。別のお客様(経営者様)のご紹介でご縁を頂きました。

こちらの工場様は、市内でも有数の「植栽面積の多い企業様」で、その植栽活動について、表彰もされている企業様です。

今回のご依頼は強剪定でした

工場内では、作業工程の中で金属プレスを行います。その金属プレスの過程で「大きな音」が出て、近隣にご迷惑がかかるので、プレス音を小さくするサイレンサーを設置しました。そのサイレンサーが写真のL字型に曲がったパイプです。

このパイプは後から取り付けた設備なので、それまでに植えられていた植木が、成長してパイプに覆いかぶさるようになりました。

植木がパイプに覆いかぶさると、サイレンサーとしての機能にも支障を生じます。そのために、強剪定を行うことになりました。

工場内での剪定作業内容詳細

今回の作業内容は以下になります。

  • ケヤキ・クスノキ・ヤマモモの強剪定

6mほどの木に直接登って、チェーンソーは使わず、のこぎりを使って強剪定を行います。

最終的に、ゴミは3トン車満載になりました。

また、工場は建て増しのため車両が中に入れす、剪定ゴミ出しは、車の置いてある場所まで人間が運んでいきました。

工場の植栽管理の内容

こちらの工場様の植栽管理の内容ですが、エリアを大きく3つ(A、B、C)に分けて行っています。

Aエリアは工場の門の周りです。門の周りは、来客の方の「顔」にもなる部分なので重点的に植栽管理を行います。

B、Cエリアは、Aエリアよりは力を入れなくても良いところです。

そして、毎年、「去年はAとBの敷地の植栽管理だった」、「今年はAとCの植栽管理にしよう」、という風に、植栽管理の場所を変えながら作業させていただいております。

作業内容については、工場の担当者の方と相談して、予算内に収まるようにしています。

お客様のお声

工場内に車両が入れず、剪定ゴミの運搬に苦労しましたが、その点についてお客様に労いのお言葉をいただき、大変嬉しく感じました。植木業者としては、剪定ゴミを綺麗に片付けるのは当たり前なのですが、お客様に気づいていただいて、お声掛けして頂いたことに感動しました。

お客様から「パイプに接していて心配だったので助かった」と言って頂き、安心しました。

植栽管理については、現状の契約内容を見直すことをオススメします。
5年以上同じ契約で植栽管理をされているならば、新たな業者さんで、見積もり時に今よりも安くなる可能性があります。大阪・京都の植栽管理は、ぜひ松正にご相談くださいませ。

無料お見積り・ご相談

075-983-9214

電話受付/9:00~18:00 年末年始除く

植木屋 松正

LINEからお問い合わせができます

LINE QRコード

TEL075-983-9214

営業時間 9:00~18:00
(日・祝・年末年始除く)